2018年2月 9日 (金)

  お節

 Cimg0187

今年もお正月は贅沢して「お節」を注文しました。

  起きてくるなり気が付いたKさん。

 つまんじゃいけませんよ!

Cimg0188xxxxxx


初詣

 遅くなりましたが・・・、初詣の様子をアップします。

 Cimg5676xxx
  まず手始めに近くの水元神社へ。

Cimg0200xxx そして日を置いて今度は(何かと話題になった)富岡八幡宮へ。

 この日のメインは深川名物の『深川丼(あさり飯)』でしたが・・・。Cimg0203xxx




2017年12月29日 (金)

 29年

 29年最後のブログアップとなります。

Cimg5647_2

 足立区の大きな公園で毎年ライトアップされているので良く出掛けています。


Cimg5654

  木曽路での忘年会の様子です。   バス・車での移動や席(掘りごたつ)・メニューなど、色々と心配はありましたが、それなりに皆さん楽しんでおられました。

Cimg0152_3






Cimg0150








Cimg0155
  新しく男性の入居もありちょっと慌ただしい年末でしたが、来年もまた色んな所に出掛けて行きたいと思います。





2017年11月28日 (火)

秋の旅行は

 秋の旅行はバスでスカイツリーに行ってきました。

Cimg0070xxxxCimg0072_2

 しかし生憎の雨模様で、眺望は楽しめませんでしたが、隣の「すみだ水族館」でのんびり出来ました。 

 その後は浅草まで行き、「雷5656(ゴロゴロと読む)会館」で昼食です。

Cimg00785656











2017年10月10日 (火)

「ありがとう」

Cimg0099xxx_2

 「ありがとう」 

 日本語の中でも良い言葉ですね。

 「介護職のやりがい」と言う話になると決まって良く聞くのが、

 「ありがとう」と言われる事にやりがいを感じる♪

 

 私はずっとこんな話を聞くたびに違和感がありました。 

 本当なら、「ありがとう」は『利用者』では無く、『介護職』から利用者に対して言える状態こそがベストだと思ってます。

 逆に利用者さんからは「あんたら若いのに何にもしないで・・・」 「なんであたしたちばっかり働かなきゃ・・・」なんて文句を言われたいくらい・・・(^_^;)

 そんな風に考えていましたが、先日のとある研修でも同じような話を聞きました。



   最初の頃は職員が(出来る事まで)あれこれやってあげる度に「ありがとうね♪」と


   それがだんだん、「済まないねェ」 ・・・ そして「ごめんなさいね」・・・と変わって来る


  

  『お礼』じゃなくて、『謝罪』させているのかも・・・?

2017年9月29日 (金)

七並べ

 Cimg0083xxx


「七並べ」  皆さんも子供の頃やった記憶があるでしょう。

 少し大きめのトランプなので、テーブルにCimg0072xxx

ずらっと並べるとけっこう壮観です。

 隣からアドバイスも♪

誕生日

 

 Cimg0062xxx

 Nさんの誕生日をお祝いしました。

 ケーキならぬ「フルーツゼリー?」と握り寿司を楽しんだ後は、夕食作りが待っています・・・。

Cimg0045xxx


  

 

2017年8月30日 (水)

当たり前の風景

 毎日毎日、ここみやびの里で繰り返されている風景。

 何も特別な事じゃない、当たり前の暮らしですね。

Cimg0002xxxCimg0005xxxImg_4390_2Img_0248xxx
















2017年7月20日 (木)

『3対1』の不思議・・・

 介護施設への入居を考えた事のある方ならば、介護の現場での人員基準の「3:1」というのを耳にした事があると思います。

 要は利用者(入居者)3人に対して、介護にあたる者を1人おきなさい、ってもの。

 これ施設系の介護サービスに関しては、どれも一律で「人員基準は3:1」って決まってるんですね。

 まだ自分もペーペーだった頃、特別養護老人ホームや有料老人ホームがグループホームと同じ「3:1」の人員基準だっ、てのがどうにも納得が行きませんでした・・・。

 だってワンフロアで70~80人も入居者がいるのに、職員は5~6人しか見当たらない・・・。

 これがグループホームであれば20数人の職員がいる計算になるはずなんだけど???


 で、調べてみて分かったことは、同じ3:1でも特養や有料とGHでは大きな違いがあると言う事。


 グループホームの場合は、日中の時間帯に3人の介護職員がいなければならない(8時間×3=24時間)のですが、特養や有料の場合は『入居者の数に対して3:1の人員を確保していれば良い』って事です。


 70人の特養だとしたら、24人の人員が確保(雇用)していればOKなんです。

 でも・・・24人確保していたとしても、そのうちの7人の職員は週休2日の休日でお休みです。(有休も考えれば8人?)

 さらに残る17人の中には、必ず毎日3~4人の夜勤者がいるでしょうからこれをマイナスすると13人です・・・。 

※ちなみにグループホームえでは、日中の時間帯お3人とは別に、フロア毎に1名の夜勤者を置かなければなりません・・・。 

 も一つ加えて、まだその中に看護師(70名なら3名のNs)や生活相談員、機能訓練指導員、管理者等も含まれることを考えると、実際に現場で介護にあたる職員は『7~8人(私が不思議に感じていた通り)』しかいなくなってしまうんですね。(+_+)  


 これに気付くと、グループホームでの3:1の支援がどれだけ手厚い体制なのか!って思います。
(本音を言えば、特養の人員基準を今のGH並みにして、GHにはさらに人員を増やさなきゃ、まともな認知症ケアなんて出来ないとも思いますが・・・)

2017年7月19日 (水)

小学校から

 葛飾区ですすめられている『花いっぱい活動』

 去年に続いて今年も、小学校の子供たちが、手作りの一輪挿しを持ってみやびに来てくれました。    子供(赤ちゃん)が相手だと、本当に皆さん良い笑顔をされますね。

Dscn5538

«風鈴まつり